中央区 咲道税理士 福島原発事故 損害賠償手続


エース会計事務所通信 平成23年10月17日

 

 福島第一原子力発電所事故の被害者に、東京電力から損害に対する賠償金の支払手続きが始まっています。損害賠償金の支払いは、避難区域の住民の方だけではなく、法人および個人事業主も対象になっていますので、被害を受けた顧問先様は、速やかに手続きをお進め頂ければ、幸いです。

 

福島第一原子力発電所および福島第二原子力発電所の事故による法人および個人事業主の方々が被った損害に対する本賠償について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11092102-j.html

 

 上記は極めて複雑で、かつ補償範囲が限定されており、金額も十分なものではありません。そのため後ろ向きな東京電力の指示に従った損害賠償の請求は、オススメしません。

 

 請求は弁護士に相談いただくか、又は少なくとも原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)を利用することを、強くオススメします。

 

原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/baisho/1310412.htm

 

 お知り合いで信頼できる弁護士がいないときは、業務提携している腕のよい弁護士をご紹介させて頂きますので、各担当者にご依頼頂ければ、幸いです。

 

 本損害賠償金の経理会計仕訳の勘定科目は、一旦「仮受金」で処理をお願いします。最終的な処理は、災害損失の処理に併せて、各担当者と検討させて頂ければ、幸いです。

 

 さらに詳しい内容の知りたい顧問先様は、各担当者にお問い合わせ頂ければ、幸いです。

 

Google サイト内検索

WWW を検索 http://www.aceconsulting.co.jp/ を検索