中央区 咲道税理士 印紙の貼り漏れに注意

 

エース会計事務所通信 平成22年5月3日

 

 当事務所では、毎月1件程度のペースで、税務署から顧問先様の税務調査を受けています。

 

 最近の税務調査では、印紙の貼り漏れを指摘されるケースが、多くなっています。具体的には、契約書や領収書を確認して、貼るべきものが無いかどうかを、重点的に調査します。指摘された場合は、未貼付額を含めて、その3倍の納税が必要です。

 

 特に、不動産業、建設業の契約書、事務所の賃貸契約に伴う領収書、取引基本契約書(4千円)、金額の大きい新規設備の契約書、領収書に、ご注意ください。なお、事務所の賃貸契約書、秘密保持契約、株式譲渡契約書は、非課税文書ですので、印紙は不要です。

 

 印紙の有無の判定が難しい契約書等は、顧問先様は各担当者にご相談頂ければ、幸いです。

Google サイト内検索

WWW を検索 http://www.aceconsulting.co.jp/ を検索