中央区 咲道税理士 株式会社設立道場 1 商号(社名)の決め方

 

  優しい会社設立(法人設立登記)は、咲道税理士にお任せください! 

 

 会社の商号は、人の名前と同じです。すべての商取引の基本となる事項ですので、自分の子供に名前を付けるのと同じくらい、いい商号をつけてあげてください。

 

 商号は株主総会でいつでも変更できますが、変更登記と代表印や請求書などの変更で、大変な手間と費用がかかりますので、一生使えるものをしっかり考えてください。

 

理想の商号

 

 麻布台でイタリアンレストラン営む「株式会社アフェット」様は、当事務所で会社設立させて頂きました。英文名の「Affetto.Inc」に合わせて、お店の名前を「Affetto」としています。インターネットのドメイン名は、「affetto-azabudai.jp」です。

 

 「Affetto」は、イタリア語で「愛情を込めて」という意味です。シニアソムリエの支配人が選ぶ美味しいワインと、四季の食材のこだわったシェフの料理は、作り手の愛情をいつでも感じることができます。

 

親しみ易く

 

 起業の思いを込めることは、とても大切です。しかしあまり思いが強すぎて、意味が理解できない商号や、すごく長い商号の会社があります。そのような商号は不便です。

 

 会社は商売で利益を上げることを目的とした組織ですので、みんなから親しまれる商号をつけてあげてください。商取引で電話対応は不可欠です。電話がかかってきたとき、最初に商号を告げなければなりませんが、長い商号は日常的に使えません。結局、省略することになり、せっかくの商号が生かされないことになります。

 

 省略しないで、日常の電話や会話に使えて、親しみある商号にしましょう。

 

「株式会社」の位置

 

 株式会社の商号には、「株式会社」という名称を、どこかに入れなければなりません。一般的には、最初か、最後に入れます。業種によっては統一されている場合がありますので、確認が必要です。

 

 業界ルールがない場合は任意になりますが、最後に「株式会社」を入れる方が、インターネットの検索エンジン対策上、有利になります。

 

インターネット検索を意識する

 

 今の時代、あらゆる人がインターネットを利用しています。商売をしっかり行っていくためには、ホームページが必要な時代です。ホームページがなくても、電話番号帳などにより、会社の情報は日常的に検索されています。

 

 Googleなどの検索エンジンにできるだけヒットされ易い商号を考えましょう。オススメは、「地域名+業種+商品名」の組合せで、最後に「株式会社」がある商号です。

 

 例えば、当事務所のある東京都中央区八重洲で、不動産業を始める場合、検索エンジンでヒットしやすい商号は、「八重洲不動産株式会社」になります。

 

 商号はホームページのサイト名になり、検索エンジンの登録情報などでホームページ上の利用頻度は多くなります。検索エンジンにヒットしやすいキーワードを商号にすれば、自然と対策になるのです。

 

 Googleの検索数は、キーワードツールで知ることができます。

 

英文名も決める

 

 商号は、日本名だけでなく、英文名も付けることができます。「株式会社」組織の英文名は、次の様な表記があります。 組織の表記は、すべて最後に入れます。

 

 Inc.

 Corporation.

 Co., Ltd.

 

 例えば、「株式会社エースコンサルティング」の場合は、次の様な英文名になります。 

 

 Acecosulting Inc.

 Acecosulting Corporation.

 Acecosulting Co., Ltd.

 

 英文名は、レストランなどの店名や国際的な取引を行うとき、インターネットでドメインを取得するために必要なものですから、合わせて決めておきましょう。

 

 英文名は請求書や領収書など、書類にも利用できます。 

 

ドメイン名の取得

 

 インターネットのホームページで使われているドメイン名を、英文名と合わせて取得しましょう。オススメのドメイン名は次の3つですが、「.com」が国際的に信用が最も高く維持費が安いため、一番オススメです。  

 

 .com

 .jp

 .co.jp

 

 例えば、「株式会社エースコンサルティング」の場合は、次のようなドメイン名になります。    

 

 Acecosulting.com

 Acecosulting.jp

 Acecosulting.co.jp

 

 ドメイン名は、登録順で利用しますので、登録済みのものは利用できません。そのためすぐにホームページを作成しなくても、会社設立をしたら、下記のサイトでドメイン名の登録を行っておきましょう。

 

 お名前.com

 

 ドメイン名の詳しい説明は、こちらをご覧ください。

 

類似商号

 

 昔の商法の時代は、目的が同じ場合、同一の類似商号は同一の登記所管内では、設立登記を認められませんでした。今は会社法になり、規制はなくなり、原則自由な商号で会社設立できるようなりました。

 

 しかし、いくら自由と言っても、大企業は商標登録によって商号を守っていますので、広く世間に認知されている「ソニー」、「トヨタ」などの有名企業の商号をつけることは、避けましょう。

 

業種名

 

 銀行、証券、信託、保険、病院、大学などの特定の業種を表す文字の利用は、許可を受け業務を行っていない場合は、禁止されています。

 

利用可能な文字

 

 ひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字(大文字及び小文字)、アラビア数字、「&」(アンバサンド)、「’」(アポストロフィー)、「,」(カンマ)、「−」(ハイフン)、「.」(ピリオド)、「・」(中点)

 

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

その他

 

 ・「○○支店」「○○事業部」などのように、会社の一部を示すような文字の使用は、できません。

 

参考

 

 下記のホームページも、ぜひご覧ください。

 

 会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』

  万難を排して起業する

   第247段 商号や屋号はじっくり考える

   第248段 基本に忠実な商号や屋号は得が多い

   第249段 最優先すべきは拡張性と単純性

 

  優しい会社設立(法人設立登記)は、咲道税理士にお任せください! 

 

Google サイト内検索

WWW を検索 http://www.aceconsulting.co.jp/ を検索