エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区

経理代行・記帳代行ならお任せください!

無料相談受付中!
申込はお電話で。TEL:03-3516-8941
求人情報 たんぽぽブログ 地図

[1]トップページ
[2]経理代行・記帳代行・経理アウトソーシング
[3]求人情報
[4]Facebook
[5]たんぽぽブログ
[6]草野球チーム Beatpops
[7]熱いメッセージ
[8]案内
[9]営業品目 全国対応
[10]戦う税理士プロローグ
[11]咲道税理士
[12]概要
[13]料金表
[14]優しい会社設立
[15]会社設立道場
[16]セカンドオピニオン
[17]商売魂通う税務顧問
[18]経理アウトソーシング
[19]万全の相続対策
[20]不死鳥の会社再建
[21]無料相談
[22]地図

メニュー:会計事務所概要 東京...
[#]次へ
中央区 咲道税理士 エース会計事務所 概要

 

 

事務所名
エース会計事務所

 

所長
公認会計士・税理士 山田 咲道

 

設立日
平成5年8月1日

 

資本金
3千万円

 

立志(経営理念)
我々は、会計業務を通して社会に貢献する。

 

行動理念
我々は、一流のプロである。
我々は、人を幸せする発言と行動をする。

 

設立理念
Active,Creative,and Enjoy
活動的に、創造的に、そして楽しく仕事ができる事務所にしよう。

 

社是
松下陋村と雖も、誓って神国の幹とならん。(吉田松陰先生

 

住所
東京都中央区八重洲2丁目2番10号 八重洲名古屋ビル4階

 

URL
http://www.aceconsulting.co.jp/

 

E−Mail
ace@taxnavi.co.jp

 

TEL
03-3516-8941

 

FAX 
03-3516-8945

 

グループ総売上高(平成27年度)
85,368,364円

 

従業員数(平成28年6月30日現在)
12名 うち、公認会計士 1名、税理士 1名、税理士資格保有者  1名

 

顧問先数(平成28年6月30日現在
約110件(法人60件、個人50件)

 

主な顧問先業種(平成28年6月30日現在)
建設業(総合、建設、建築、土木、電気、設備、排水、内装、防水、水道、造園等)、小売業(釣り具、服飾、もめん、美術品、雑貨等)、設計事務所、ファッションスタイリスト、情報処理サービス、システムインテグレター、コンピュータシステムエンジニア、ソフトウェア開発業、歯科医師、歯科技工師、経営コンサルタント、保険代理業、保険コンサルタント、健康器具販売業、人材派遣業、警備業、不動産仲介販売業、不動産賃貸業、不動産管理業、旅行業、撮影業、養鶏業、養豚業、旅行コンダクター、介護保険業、飲食業、服飾製造業、芸能プロダクション、印刷業、積算業、豆腐製造販売業、合成樹脂加工業、防水塗料製造業、自動車部品販売業、アルミ製品製造業、廃棄物処理関連事業

 

エースコンサルティンググループ 関係会社・運営サイト
株式会社エースコンサルティング
 経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
 http://www.supercostdown.info/

有限会社ベンチャー税理士研究会
 法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
 http://www.taxnavi.co.jp/

 



中央区 咲道税理士 エース会計事務所 社訓その1 わが道は至誠と実行

 

 翁いわく、わが道はもっぱら至誠と実行にある。鳥獣・虫魚・草木にもすべて及ぼすことができる。まして人間はいうまでもない。それで、わが道では才知・弁舌を尊ばない。才知・弁舌では、人には説くこともできるが、鳥獣・草木を説くことはできない。それでも、鳥獣には心があるから、あるいは欺けるかもしれないが、草木を欺くことはできない。わが道は至誠と実行なのだから、米麦野菜、うりでもなすでも蘭でも菊でも、みんな繁栄させるのだ。たとえ孔明を欺く知謀があり、蘇秦・張儀を欺く弁舌があっても、弁舌をふるって草木を茂らすことはできまい。だから才知・弁舌を尊ばずに、至誠と実行を尊ぶのだ。中庸に「至誠は神のごとし。」といっているが、「至誠はすなわち神」といっても悪くはないだろう。およそ世の中は、知恵があっても学があっても、至誠と実行とでなければ事は成らぬものと知るべきだ。 

 

 (二宮尊徳翁)(現代版報徳全書 No8.訳注 二宮翁夜話(上)〔25〕

 



中央区 咲道税理士 エース会計事務所 社訓その2 商売の正道を守る。

 

 翁はまた著者に対していわれた。論語に、舜の政治を論じて、「己を恭しくして正しく南面するのみ。」とある。そなたが国へ帰って温泉宿を渡世とするならば、これを「己を恭しくして正しく温泉宿をするのみ。」と読んで、生涯忘れるでない。こうしたら利益が多かろうとか、ああしたら利徳があるだろうなどと、世の流弊に流れて、本業の本理を誤ってはならない。己を恭しくするとは、自分の身の品行を慎んで、堕落しないことをいう。その上に、業務の本理を誤らず、正しく温泉宿をするのだ、正しく旅籠屋をするのだと決意して、肝に銘じておくがよい。この道理は、人々みな同じことであって、農家は己を恭しくして正しく農業するのみ、商家は己を恭しくして正しく商業をするのみ、工業に従事する者は己を恭しくして正しく工業をするのみだ。このようにすれば決して過ちはない。そもそも南面するのみとは、天子が国政一途に心を傾けてほかのことを思わず、ほかのことをしないことをいうのであって、ただ南を向いてすわっているということではない。この道理は深遠だから、よくよく考えて、よく心得るがよい。身を修めるのも、家をととのえるのも、国を治めるのも、要はこの一つにあるのだ。忘れるでない。怠るでない。

 

 (二宮尊徳翁)(現代版報徳全書 No8.訳注 二宮翁夜話(上)〔146〕

 



[#]次へ

▲上へ
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区トップページ